乳首黒ずみを美白する方法

家族にも、友人にももちろん聞けないのが乳首黒ずみの悩み。
1人で改善方法も分からないままどんどん大人になって、大人になった今ではすっかり黒ずみが酷くなっている・・・そんながっかりした気分の女性も多いでしょう。
しかし乳首黒ずみを美白することは可能です。
諦めるのはまだ早いですよ!
・ホエイパックで集中美白

ホエイって何?という女性も多いでしょうが、ヨーグルトに浮いている水分のことで、たんぱく質が豊富で栄養満点の成分です。
それを使ってパックをすると集中的に乳首黒ずみを美白してくれると言います。
方法は簡単で、ホエイをコットンに染み込ませ、乳首にパックするだけというもの。
コスパにも優れているため、やって損はないかもしれません。
・ホルモンバランスを整え乳首黒ずみを美白する

ホルモンバランスが乱れると、乳首黒ずみの原因になると言われていますから、出来れば女性ホルモンの安定化を図りましょう。
どうしても生理や出産になるとバランスは崩れますが、何もない状態でホルモンバランスが乱れて、生理周期が定まっていないのであれば、生活習慣を改善する必要があります。
常に豆腐、豆乳、納豆など大豆製品を摂取することもオススメです。
女性ホルモンに似たイソフラボンという成分をたっぷり摂ることが出来ますから、ホルモンバランスも自然と改善していきます。
・インナーケアとして食べ物で乳首黒ずみを美白する方法

メラニン色素が活発になって出来るのが乳首黒ずみなので、ビタミンCやビタミンEをたっぷり摂取しましょう。
比較的摂りやすいのはビタミンCで、果物や野菜にたっぷり含まれます。
ただ、熱に弱いという傾向があるので、生で食べる必要があります。
ビタミンCは主に果物から摂ったほうが良いでしょう。
その他、イチゴやアセロラにビタミンCが豊富です。
ビタミンEについてはパプリカやホウレンソウ、ブロッコリーなどに含まれます。
またナッツ、特にアーモンドに多く含まれますから、ダイエット中でもおやつにナッツ、などは健康的で良いでしょう。
・最終的には乳首黒ずみに薬で美白しよう

最終的に、どうしても黒ずみをなんとかしたいという切実な願いを持っている女性は、皮膚科でハイドロキノンというお肌の漂白剤と呼ばれるものをもらうと良いでしょう。
刺激の強い成分なので、あまり乳首のような敏感な部分には使いたくないのですが、乳輪くらいには使ってもまだ良いでしょう。
処方箋がなければハイドロキノンは手に入れることが出来ませんが、実際個人輸入するのなら簡単に手に入れることが出来ます。
そのために輸入代行会社があります。こちらはわき黒ずみにも効果があるようです。
輸入する場合は個人の自己責任となりますから、ハイドロキノンの扱いには充分注意が必要です。

乳首黒ずみを薄くするにはどうしたらいいの?

女性にとってデリケートな問題でもある乳首の黒ずみ。
パートナーはもちろん、彼氏に見られて乳首黒ずみが発覚したらガッカリされそうで怖い、という女子も多いようです。
しかしそんな乳首黒ずみを薄くすることは出来るのでしょうか?実際、乳首黒ずみを解消することが出来る方法があるようです。
・乳首黒ずみは薄く出来る?

乳首黒ずみを今より薄く出来るものなのでしょうか?女性としてはハッキリさせたいところでしょう。
実は身近なもので美白することが出来るのです。
それはヨーグルトに含まれるホエイという水のようなものです。
ヨーグルトを大容量のものを購入すると、一度に食べきれませんから、翌日食べようとすると上澄み液のようなものがあります。
それをホエイというのですが、このホエイは保湿効果、美白効果を持っているので、ホエイを使うと肌に優しい美白をすることが出来ると言われています。
ホエイをコットンにひたして、バストトップにはるだけという簡単なケアですが、乳首黒ずみのために続けるとこれで色が薄くなったという話はよく耳にしますから、安全安心の美白であることは間違いないようです。
・乳首黒ずみを薄くしたいけれど、体質?

実は乳首黒ずみで悩んでいる大半の人は、遊んでいるというイメージがつきそうでイヤということが多いようです。
しかし乳首黒ずみに関していえば、先天性のものと後天性のものがあります。
殆どが先天性、生まれつき乳首黒ずみであったことが確認されています。
メラニン色素の量は個人個人で異なりますから、メラニン色素が多い人のほうがより乳首黒ずみになりやすいと言えます。
体質というものです。
また女性ホルモンの影響で、妊娠したり、授乳中のママであれば、乳首黒ずみが発生する、黒くなっていく、ということが起きます。
体質もありますが、そのような後天的な原因によって乳首黒ずみが濃くなるケースがあります。
・乳首黒ずみを薄くしたい!

乳首黒ずみを薄くしたいと思うなら、まずはバストアップマッサージを始めてみてはいかがでしょうか?バストアップにもなりますし、一石二鳥です。
バストの周りにはリンパ液が通っており、それが滞っていると乳首黒ずみの原因になるのです。
リンパをすっきり流して、血行を良くすることにより、乳首黒ずみを薄くすることが可能と言われています。
バストマッサージは色々な方法がありますが、主にバスト周辺のリンパを流すようなマッサージが効果的でしょう。
新陳代謝もよくなりますし、メラニン生成も抑制されるので、ピンク色の乳首に戻すことが出来ます。
もしくは生まれた本来の色に戻すことが出来るのです。

乳首黒ずみを治して綺麗なバストにしたい!

乳首黒ずみがあると、バストのカタチや大きさが良くてもなんだか自分でもガッカリすることがあります。
乳首黒ずみがもう少しピンク色であれば、完璧なのに、という女子もいるでしょう。
しかし生まれながらの色もありますから、理想的なピンクの乳首を手に入れるのはなかなか難しいようです。

ではバストケアとしてどのような方法で乳首黒ずみを治していけばよいのでしょうか?
・乳首黒ずみをバストケアで改善しよう

まず、乳首黒ずみは誰にも相談できないデリケートな問題なので、誰にも知られずにケアしたいところです。
黒ずみの原因は摩擦、圧迫、刺激など分かっていますから、後は色素沈着したメラニンをどうケアするかにかかっています。
バスト全体を含めたバストケアを行いましょう。

美白成分としてははいどろきのん、トレチノイン酸などがありますが、乳首は敏感な場所でもあります。
これらの美白成分は時として強い刺激となりますから、使いたくない、アトピー肌だから、と諦めてしまう人も多いです。
自分の肌に合ったバストケアをする必要があります。

最も安全であるのはバスト周辺のマッサージがオススメです。
バストケアもう同時に行うことが出来、さらに血流が良くなりますから血行が良くなって、乳首がピンク色になる可能性も否定出来ません。
バストケアの一環として毎日マッサージするのも良いでしょう。
・生活習慣を改めてバストの乳首黒ずみをピンクにする!

乳首黒ずみは女性ホルモンが活発な証でもありますから、女性であれば気にする必要はありません。
しかしホルモンバランスが崩れていてもメラニン色素は濃くなるので、乳首黒ずみのバストをどうにか見目良くしたいのなら、ホルモンバランスを考えた生活習慣に切り替えましょう。
特に食事に関していえば、ビタミンA、そしてビタミンCの食品が美白効果があると言われています。

ビタミンAといえば、豚肉のレバーや鶏肉のレバー、にんじんや味付け海苔などがあります。
ビタミンCと言えばいわずもがな、果物全般に含まれますが、より多くあるのがブロッコリーやレモン、ベーコンやたらこなどにも入っています。
これらの食材をうまく組み合わせ、インナーケアで乳首黒ずみを改善して美しいバストにしていくのも良いでしょう。
マッサージと同時に行うと相乗効果でより効果的になります。
美しいバストと乳首黒ずみを改善するなら、生活を一定したリズムに保つこと、特に睡眠はしっかりとりましょう。